トップページ

ALSOMITORA『農~Minori~』

いつもご来店いただいているお客様へ。やっとBGMが変わります。鹿児島のアーティストALSOMITORAのアルバムを流させていただきます。ヒーリング効果抜群のギターとサクソフォン。1stアルバム『農~Minori~』CD置かせていただいております。SNSもありますので、ぜひ見てください。

fecebook instaglam

follow me!

南さつま市でランチ時間(11時~15時)のみ営業してます。

鹿児島県南さつま市でランチ時間のみ営業し、お蕎麦や天ぷらを提供させていただいております。

基本的には夫婦で営んでおりますので、お待たせすることもあります。湯がきたての美味しさや、歯ごたえを味わっていただきたく『生蕎麦』を湯がいて、できるだけ早く提供しています。

天ぷらも揚げたてが一番おいしいので、注文後揚げております。

一人で打ってますので多くは作れなく、売り切れになる場合もあります。ご了承くださいませ。

蕎麦の在庫については、お電話でお問い合わせください。

席数は4テーブルしかありませんのでご予約はお断りしております。ご来店いただいた順番にご案内となります。

テーブル席2つ(4人用)、座卓2つ(4人~6人)をご用意しておりますので、小さいお子様や、ご高齢の方にもゆっくりと食べていただけます。

古民家ならではの悩み

交通量の多い道路から、少し中に入ると当店がございます。詳しい場所はアクセスをご覧ください。

大きな木に囲まれた古民家なので、騒がしい日常を一瞬でも忘れていただければと思い今の場所に蕎麦屋を出しました。

ですが古民家ならではの悩みもあります。

床が高いです(泣)

昔の家はとにかく床が高く作られています。最近では玄関から床までは20センチくらいだったり、マンションなどでは5センチくらいとなってますが、古民家では50センチくらいはあります。膝より上です(泣)

となると、ご高齢の方にはなかなか上がるのが難しいです。

そこで、『階段』を余った木材で自作しました。手すりも2か所つけていますので、ご安心ください。

木に囲まれて

当店の周りは、モミジやスギなどに囲まれており夏は涼しく、冬は恐ろしく寒いです(冷暖房は一応有)。

木に囲まれて、枯葉がものすごいので掃除が大変です(泣)

ですが木に囲まれていると、若干ではありますが日常を忘れさせてくれるような気もしなくもないと思っていただけると幸いです。

店の横には椎茸用にコナラ(多分コナラだと思います)が植えてあります50本くらいあります(大家さんの木です)。

この木には夏になるとカブトムシが採れます。去年はお蕎麦を食べたついでにカブトムシを採るご家族もいました。※カブトムシを採る場合は害虫への注意が必要です。

当店は田舎蕎麦ではなく細いお蕎麦です

たまに細くてビックリされます。鹿児島県の郊外だと田舎蕎麦(太くて短い)が主流でした。今はそうでもないんですが、まだまだ蕎麦といえば太くて短くて黒いものと思われています。

当店の蕎麦は二八蕎麦で細い蕎麦になります。私が二八蕎麦のザル蕎麦が好きだからです。十割より喉越しや歯ごたえが美味しいと私は思います。

あと田舎蕎麦に比べて白いのでビックリされますが、蕎麦の殻を剥いた状態の『むき実』のみを使用しているからです。殻が入らないので黒くならず、舌触りも滑らかになります。

細いお蕎麦は、歯ごたえが強くザル蕎麦には最高です。温かい蕎麦の場合は、表面積が大きいので汁(ツユ)を一緒に持ち上げてくれます。

大きな釜でさっと湯がきます。

約70リットルのお湯で湯がいています。生蕎麦で細めなので20秒くらい湯がけば出来上がりです。

一瞬で湯がいて、さっとしめて、素早く食べる。ザル蕎麦の歯ごたえは3分くらいでなくなっていきます。

注文が入ってから天ぷらを揚げたり、湯がきますので、時間がかかる場合もあります。

出汁は『南さつま』の食材を使ってます

鹿児島県の南さつまものを使って出汁を取りたくて、枕崎産の鰹節と頴娃産のサバ節を使用しています。

醤油は地元南さつま市のの美味しいお醤油を使い、砂糖はニシムタで買ってますね。

お米も地元のブランド米『金峰コシヒカリ』を使用させていただいてます。

南さつま市を含めた鹿児島県薩摩半島の南側は南薩とか南さつまと呼ばれます。

ランチ時間のみの営業の理由は?

ランチ時間帯のみの営業はなぜか?夜はしてないのですか?という質問がたまにあります。

山の中なので夜は暗く、夜道も怖いので営業したくありません。

それと、早く家に帰って子供とご飯食べたり、お風呂入ったりしたいので夜は働けません。

以上の理由によりランチ時間のみの営業になります。

ご予約について

そば切佗介では【予約】は承っておりません。理由といたしましては、席数が少ないことにあります。

二人でバタバタとやってますと、4テーブル、席数は16~20が限界です。ご予約でお席が埋まってしまいますと、色々と大変です。

以上の理由により、ご予約は承れないのです。申し訳ありません。

不定休について

そば切佗介は不定休とさせていただいておりますが、夫婦で営んでおりますと、不調な場合もございます。代わりがおりませんので仕方なくお休みいたします。

あと、カワイイ子供がおりまして、たまに病気になったりします。病院に行かなければいけない場合は営業はお休みとなります。

以上の理由により不定休とさせていただいております。基本的には月曜日が定休日です。急な休みはWEBに載せます。

鹿児島は『蕎麦』の生産量が九州1位です。

蕎麦といえば長野とか北海道というイメージですが、意外に鹿児島も全国でも有数のお蕎麦の産地です。

南さつま市でもいろんなところで作ってまして、白い花が咲くと綺麗です。

できるだけ鹿児島県の蕎麦粉を使用していますが、不作などで入手が困難になり使用できない場合もあります。鹿児島県の蕎麦が手に入らない場合は北海道産を使用しています。

更新日:

Copyright© 南さつま市でランチ時間のみ営業!そば切佗介(わびすけ) , 2019 All Rights Reserved.